素材・エネルギーウェビナー

2021年7月1日(木)| ウェビナー

サステナブルなデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて

概要
新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、Face-to-Faceでの顧客商談機会の減少、
自社社員の研修や現場での育成機会の減少といった、
従来の営業・人財育成手法が使えない環境下で、売上を維持・向上していくことが困難な業界は少なくありません。
このような現状を打破すべく、各企業ではコミュニケーションチャネルのオンライン化やリモートセールスの導入を進め、
B-2-Bのビジネス中心の素材・化学業界においても、これまで活用が進んでこなかった、
営業・マーケティングのオートメーションツールの導入が加速しています。
本ウェビナーでは、素材・科学業界における、セールスフォースを活用した
営業領域のデジタル化・高度化事例をご紹介させていただきます。
更に、今年の1月、アクセンチュアとセールスフォースの間でパートナーシップが発表された
Salesforce customer360サービスの活用方法もセールスフォース側のエキスパートよりご紹介させていただきます。
これにより、ニューノーマルに対応するための営業領域のデジタル化・高度化の推進のポイントと、
このようなトランスフォーメーションを、
昨今の主要なグローバルアジェンダであるサステナビリティの促進に結び付けるための示唆をご提供させていただきます。

本ウェビナーの見どころ
本ウェビナーでは、素材・科学業界における、セールスフォースを活用した営業領域のデジタル化・高度化事例をご紹介させていただきます。更に、今年の1月、アクセンチュアとセールスフォースの間でパートナーシップが発表されたSalesforce customer360サービスの活用方法もセールスフォース側のエキスパートよりご紹介させていただきます。
これにより、ニューノーマルに対応するための営業領域のデジタル化・高度化の推進のポイントと、このようなトランスフォーメーションを、昨今の主要なグローバルアジェンダであるサステナビリティの促進に結び付けるための示唆をご提供させていただきます。

Salesforce Customer 360とは
アクセンチュアのサステナビリティサービス、セールスフォースのサステナビリティクラウドを組み合わせたSalesforce Customer 360は、環境、ESG等のあらゆるデータを可視化することで、炭素使用量の報告、顧客エンゲージメントのサポート、前向きな消費者体験の創出、規制要件への対応、新しいビジネスモデルの開発など、さまざまなサステナビリティイニシアチブを測定、実行できるようになります。

このセッションで聞けること

  • ポスト/アフターコロナ下での営業の働き方改革必要性の変化
  • 素材・化学業界でのセールスフォースの活用事例
  • セールスフォースのサステイナビリティクラウドについてご紹介
  • サステイナビリティクラウドの活用方法

講演日時
日: 2021年7月1日(木)
時間: 13:00-13:45 
所要時間: 1 時間 (オンラインセミナー形式)
費用:無料(事前登録制)
講演者
アクセンチュア株式会社 素材・エネルギー本部 マネジング・ディレクター 澤山 博之
アクセンチュア株式会社 素材・エネルギー本部 シニア・マネジャー 前田 琢磨
株式会社セールスフォース・ドットコム 製造ソリューション ディレクター ソリューション・エンジニアリング統括本部 杉澤 和洋
株式会社セールスフォース・ドットコム サステナビリティ&コーポレートリレーショ ン SUSTAINABILITY CLOUD プロダクトスペシャリスト 細谷 優希


※同業他社、個人の方などのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。 
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

お申し込みフォーム

※参加方法等、今後の連絡をこちらにお送りします。