金融ウェビナー

1月28日(金)| ウェビナー

【新年特別企画】2022年の金融業界を占う - ウィズコロナ・ポストコロナで成長するには何が求められるのか

概要
コロナ禍であっても、パーパスを定義し、デジタルやデータをコアビジネスで活用し、業界の垣根を超えたサービスを提供する企業などが成長を実現しています。SDGsへ対応、5GによるIoTの進展など経営環境が早いスピードで変化する中、2022年、金融機関が持続的に成長し続けるのに何が必要なのでしょうか。
昨年ご好評いただきましたので、本年も新年特別企画として、金融サービス本部統括本部長中野、銀行グループ統括宮良、キャピタルマーケット統括早川及び保険統括林の4名が登壇し、銀行、証券、保険それぞれの業界のトレンドや展望をご紹介します。銀行、証券、保険のトレンドや展望が僅か1時間で分かるとても貴重な機会です。是非ご参加下さい。

このセッションで聞けること

  • コロナ禍でも成長を実現した金融機関の特徴とは
  • 混乱期を乗り越えるための、銀行の「存在意義」「レガシー」「企業風土」について
  • デジタル証券を活用した新たな資金調達手段として期待されるSTO(Security Token Offering)について
  • IoE(Internet of Everything)が実現するパーソナライズされた保険の世界とは

講演日時
日: 1月28日(金)
時間: 14:00-15:00 
所要時間: 1 時間 (オンラインセミナー形式)
費用:無料(事前登録制)
講演者
常務執行役員 金融サービス本部 統括本部長
中野 将志

2013 年に金融サービス本部統括本部長、2017 年に常務執行役員に就任。銀行、証券、生損保、ノンバンクにおける多くの金融機関に対して、大規模変革、事業戦略、業務改革、営業改革、IT 再構築、海外戦略の企画立案から実行支援までの幅広い経験を有する。95 年入社以降、システム開発、プロセス領域のコンサルティング、戦略領域のコンサルティングを経験しており、実効性の高い施策立案を得意とする。最近では大規模金融機関のデジタルトランスフォーメーション支援や海外ビジネス拡大、政府系金融機関の営業・マーケティング改革、異業種の金融参入戦略などに従事している。
金融サービス本部  銀行グループ日本統括 マネジング・ディレクター
宮良 浩二

銀行セクターの責任者を務める(銀行・クレジットカード・コンシューマーファイナンス・リースなど)。20年以上にわたり、多くの金融機関に対して、事業戦略立案、事業構造改革、業務・IT革新、統合・合併支援などのコンサルティングに従事。近年は、特に日本の銀行業界のデジタル化支援、グローバル支援のプロジェクトに従事。共著書に『フィンテック 金融維新へ』日本経済新聞出版社
金融サービス本部  証券グループ日本統括 マネジング・ディレクター
早川 逸平

日本HPのSEを経て、2008年にアクセンチュアに入社、一貫して証券会社向けサービスを担当。証券会社合併に係るIT統合リスク評価、IT組織変革プロジェクト等のコンサルティングを担当、近年は証券会社の大規模アプリケーションアウトソーシングプロジェクトをリード。2019年6月からは証券グループ統括を担当。
金融サービス本部 保険グループ日本統括 マネジング・ディレクター 
林 岳郎

20年以上に渡り、大手保険会社に対する戦略立案からシステム化企画、導入、定着、アウトソーシングまでビジネスケースを成立させる全てのステップを一貫してリードしている。特に近年は新たなビジネスモデル構築、エコシステム形成企画・導入の支援など、デジタル変革、イノベーションの創出を大手保険会社にて指揮。2014年保険グループ日本統括に就任。


※同業他社、個人の方などのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。 
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

お申し込みフォーム

お申込は開催前日までにご登録ください。